未分類

日本は起業するのに最高の環境なのに何でみんな起業しないの?

こんにちは、AYAです。

今日も人生を自由に生きるための情報を発信していきます。

 

今回は、

いつまでたっても起業できない女友達のお話をします。

 

 

いつまでたっても起業できない人たち

昨年の3月のこと。

 

水商売時代に仲良くなって

現在は地元の福岡に戻った友人に

遊ぼうと誘われたので、

東京から飛行機でひとっ飛びで会いに行きました。

 

福岡の糸島というところに行ってきました。

 

福岡空港まで迎えに来てもらい、

高速で30分程度で到着。

 

海がとても綺麗で自然豊かな場所でした。

 

少し前までは何もなかったのですが

現在はインスタ映えを狙った

カフェなども増えて、

平日で風が強い日だったのにも関わらず、

若い女の子やカップルで

賑わっていました。

 

 

その後友人の家でもつ鍋をご馳走してもらって、

お酒を飲みながら

昔のこと、最近のこと

夜通し話をして

懐かしい思い出に浸っていました。

 

彼女は現在29歳。

 

もともと東京に憧れて、

22歳の時に上京してきたのですが、

 

これといって夢もなく、

 

ただ華やかな世界を味わいたい、

芸能人に会えるかもって

気持ちで水商売を始めたのが

きっかけでした。

 

やりたいことも特になく

気づいたら5年ほどお水の世界にいました。

 

彼女はもともとお酒も強くないし、

体力的にも厳しくなってきて、

ここが引き際かも、と感じ

2年前に地元福岡に戻りました。

 

だけど結局、

自分は水商売の経験しかないし、

今更新しいことを始めるのも怖いから、

 

現在は近所のスナックで働いているそうです。

 

彼女は以前、

 

「子供服のセレクトショップをやってみたい」

 

って話していたので、

 

「子供服のお店はもうやらないのー?」

 

と、聞いたところ

 

「知識もノウハウもないし、資金もないから無理だよー」

 

って、あっさり言われました。

 

 

もともとセンスも良いお洒落な子だから、

「勿体無いなー」

って思いました。

 

起業するなら私も全力でサポートするよ!

って伝えたのですが、

それでもやっぱり現状維持を選びます。

 

正直、彼女は一生

全ての局面で一歩を踏み出せないで

半ば人生を諦めたような生き方をするんだろうな、

 

って思いました。

 

 

彼女にも言われたことがあるのですが、

私の自由な生活を見ると、

よく羨ましいと人から言われます。

 

好きな時間に起きて

食べたい物を食べに行くために

ふらっと遠出する。

育児の片手間にパパッと仕事をする

ノリで旅行に行って

旅行先で仕事しなくても

収入が入る。

 

羨ましいよね、AYAは!

 

ってよく言われます。

 

で、私が

 

「じゃあ起業しようよ」

 

って誘ってみるのですが、

 

90%以上の人は

なかなか行動に移しません。

 

 

だいぶ前に

ある程度仕事を

自動化できるようになったので、

時間をますます持て余すようになったし、

 

知識に投資してみようかなーなんて

起業スクールに通ってみたんですけど、

 

そこで出会った4個下の男の子も、

同じようなことを言ってました。

 

男性A「僕は将来イベント企画の会社を立ち上げたいんです」

私「いいじゃん!いつから始めるの?」

男性A「今の職場が割と大手だから、

もう少し経験 を積みます!

このスクールでも知識をつけたい」

私   「なら、その職場でいいんじゃない?」

男性A「でも、将来的には!」

 

私からすると、

全くもって意味が分からない。

起業スクールに通うポテンシャルもあるのに。笑

 

起業してみて実際に経験することが大切なのに、

雇われたままだったら

もう完全にベクトル違くない?

知識だけ一丁前でも起業しないなら、

ただの趣味と変わらないやん!

って正直思っちゃいました。

 

 

.起業を踏みとどまるなんてもったいない理由

起業を留まる人に多い理由を考えると、

次のようなものが大きいかなって思います。

 

起業できない人の主な特徴は

以下の3つですね。

 

①自分にはスキルも才能力もないという思い込み

②お金がない

③リスクが怖い

 

それぞれ解説してみます。

 

 

①自分にはスキルも才能力もないという思い込み

 

多分これが一番多いです。

 

ビジネスには能力が必要だ!

って思い込んでいる人たち。

 

 

「自分にはスキルも能力もない」

「あの人は能力があるから」と言えば、

なんとなく諦めても良いような気分になります。

 

かく言う私も

就職をしなかった理由が

「特技も才能もないからどうせクビになるし

働くだけ無駄」

っていう自己弁護でした。

 

 

とりあえず月収100万を目指すのなら、

スキルや能力なんていりません。

 

成功するビジネスには

正しい法則があるので

その方法を学んで、コツコツ実行するだけです。

 

冷静に考えて数万円程度のものを誰かに買ってもらうのって、

そんな難しいことじゃないですよね。

 

現状を変えたいのであれば、

人生を少しでも良くするために必要な情報をインプットすることが

非常に大切なんですよね。

 

ネットビジネスは商品すら作らなくてもいいし、

どんなに才能がなくとも、

用意されてるものを売ればいいだけなのでスキルなんていりません。

 

もし成果が出ていないのなら、

学ぶ気がないか、

行動してないか、

続けていないからです。

 

結局、

行動に移してない時点で、

才能がないって言うのは完全に言い訳なんですよね。。

 

 

②お金がない

 

ビジネスを立ち上げる際に、

大きな資金が必要というのはもはや古い常識です。

 

ネット環境さえあれば、

資金がなくても世界中に発信したりできるし、

元手0でできるし、

ネットビジネスなんて本当にお金のない人にもってこいです。

 

私のやっているネットビジネスなんかは

在庫を抱えるリスクもないので

失敗しても借金を負うことはなく、金銭的にはほぼノーリスクです。

 

③リスクが怖い

 

一般的に起業するってキラキラしてるイメージもありますが、

それと同時に、

破産・借金を背負ったら

どうしようって考える人がほとんどなんですよね。

 

夢を壊すかもしれませんが、

ぶっちゃけ起業に大きな夢や

大志なんて最初はいらないって思います。

 

 

私が起業した理由は

 

お金を稼ぎたい!

子供とできるだけ一緒にいたい!

 

っていうのももちろんありましたけど、

 

早起きして満員電車に乗りたくない!!

 

っていうのも大きな理由でした。笑

 

 

起業仲間も初めから社長になろうと思ってなかった人ばかりです。

 

 

個の力がどんどん強くなっていく将来へ
~起業する人が少ない今だからこそ起業すべき理由~

ネットビジネスって、

上で話したように

資金が0からでも始められるので

よっぽどなことがない限り破産はないし、

 

副業感覚でできるので

職場をやめなくてもできるのですが・・・

 

 

まあ、日本人は安定を好むので

自分が知らない世界や周りがやっていないことを

避ける民族だとは思います。

 

ただ、10年以内に約50%の職業が消えます。

 

ここまでなんとか安定してきた社会。

 

新卒から定年まで生涯1社で働く終身雇用の考え方でしたが

それは大きく変わろうとしています。

 

政府も、副業・兼業の事実上の解禁に踏み切り、

最近はソフトバンクも副業解禁を発表しましたよね。

 

これまでになく副業ビジネスに注目が集まっています。

 

これまでの日本社会のように「一つの会社で一生働く」は

もはや0になる、とも言われています。

 

 

本人にその意思があっても、

リストラに遭う可能性、

会社が倒産する可能性はあるし、

 

退職せざるを得ない状況なんて十分考えられます。

 

東芝・シャープなど名立たる大企業でさえ

窮地に追い込まれている状況で、

本業一本で生活していくのは相当なリスク。

 

企業はあなたの生活・生涯を保証してくれません。

 

結局、自分の身は自分で守るしかないんですよね。

 

こんな世の中の状況でも

みんな気づいていないんです。

 

いや、気付きたくないだけかもしれないですね。

 

日本は起業する人が他の国に比べ、

最低基準と言われています。

 

ですが、ここまでのブログをまとめると

 

■起業に能力もスキルもいらない

■ネットビジネスなら資金0からでも起業可能

■最初から大きな目的を持って起業する人は少ない

■1つの企業に就職から定年まではもはや不可能。

 

ということがわかったと思います。

 

本当に起業したいなら、

ここまで読んでみて、

起業を留まる理由ってありましたか?

 

逆に

がむしゃらに稼ぎたいなら

起業する人間が少ない今が好都合じゃないですか?

 

さあ、あなたも迷ってる暇があるなら

とりあえず一歩踏み出してみましょう!

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です